高級マンションの代名詞・ブリリアの魅力

House Life .

クオリティ重視

不動産というのは、年数が経過してくることで資産価値が低下してくることが一般的。これは、不動産に使われる資材や構造が老朽化してくることに伴うものからである。
それに、どんどん新しい不動産が建築されることによって設備面でも劣る点が出てくるところも大きい。大きな資産であるから資産価値が大幅に下ることは避けたいところだが、なかなか難しいところである。

ただ、施工や管理に携わる企業が資産価値を下げない為に努力している場合は事情が違う。安全性や快適性をこまめに点検・修繕することによって、クオリティは保たれるからである。
高級分譲マンション・ブリリアを手がける東京建物では、このクオリティ面を重視していることで定評がある。

そのクオリティへのこだわりは、定期補修に加えて、独自の点検基準を設けている。これによって、不動産価値を大幅に下げることがないと言われている。
それにクオリティ面でこだわりを持っておくことによって、住宅そのものの安全管理も同時にできるようになっている。安心して暮らすことができる不動産であることはこの上ない資産価値であるから、徹底した管理体制は評価に値することだろう。